主演・板橋駿谷さん抱負 ドラマ「絶景探偵。」、いわきで収録

 
清水市長を表敬し、「いわきの魅力を世界に広めていきたい」と抱負を語った板橋さん

 福島中央テレビ(FCT)は8日から、いわき市で自社制作ドラマ「絶景探偵。」を収録している。主演で須賀川市出身の俳優板橋駿谷さん(35)は7日、いわき市役所を訪れ、清水敏男市長に「大好きないわきの魅力を世界に広めていきたい」と抱負を語った。

 同市での撮影は8~10日の3日間、白水阿弥陀堂やいわきFCパーク、スパリゾートハワイアンズなど市内の名所や観光施設で行われている。

 板橋さんは「いわきでも行ったことがない場所がたくさんある。ドラマを見た人が気軽に楽しめるような演技を心掛けたい」と意気込んだ。

 母親がいわき市出身で、幼少期に同市を訪れていたという板橋さん。「平の市街地で買い物をしたり、勿来の海で遊んだことが思い出」と当時を振り返った。

 ドラマは、FCTが映像制作会社メグ(東京都)と共同で制作し、2017(平成29)年から放送している人気シリーズ。板橋さん演じる探偵本村洋介が依頼をきっかけに各地を訪ね、観光スポットや特産品を楽しみながら問題を解決する。

 今回は60分のスペシャル版で、福島県では12月に放送予定。来年には台湾とタイでも放送される。