首相「科学的、丁寧に議論」 第1原発・処理水処分方法に見解

 

 安倍晋三首相は8日の衆院本会議で、東京電力福島第1原発で増え続ける処理水の処分方法として海洋放出を決断するよう促されたのに対し「(政府の)小委員会で風評被害などの社会的な観点も踏まえ、海洋放出を含めたあらゆる選択肢を検討している。今後、政府として科学的かつ丁寧な議論の上に結論を出していく」との見解を繰り返した。

 第1原発の汚染水は多核種除去設備(ALPS)などで浄化している。ただ、放射性物質トリチウムは取り除けず、処理水としてタンクに保管し続けている。

 日本維新の会の馬場伸幸幹事長は代表質問で、処理水について「原発事故由来のデブリ(溶融核燃料)に触れた水という出自は特別だが、科学的な性質の観点からはこれまでの処理水と変わらない」と指摘。「ALPSをフル活用するとともに、必要な希釈を行えば処理水として海洋放出できる」と主張、党の提言に沿って首相に見解を求めた。

 海洋放出には風評被害の拡大が懸念され、本県を中心に漁業団体などが強く反対している。首相は原発事故に伴う根強い風評被害を念頭に「風評の払拭(ふっしょく)は福島復興の大前提。科学的な技術に基づきながら、丁寧な情報発信を尽くすことが何よりも重要だ」と述べた。