いわき・久之浜地区の復旧復興事業完了 沿岸部に防災緑地など

 
久之浜地区に整備された防災緑地や防潮堤

 県がいわき市久之浜地区で進めてきた、沿岸部に防災緑地などを整備する復旧・復興事業が9日、完了した。

 いわき市内では同地区を含め7地区で同様の事業が進められてきたが、全て完了した。本年度内に完了予定の相馬市の原釜・小浜地区を最後に、県内沿岸部全ての事業が終了する。

 久之浜地区では、震災前から約1メートルかさ上げし、高さが海抜約7.2メートルの防潮堤を約2.5キロにわたり整備した。防災緑地の面積は約11.2ヘクタール。港や県道、河川の改良工事も実施した。総事業費は約140億円。

 同日、現地で完成式典が行われ、関係者がテープカットを行い、完成を祝った。