「コイの折り紙」ギネス記録!郡山女子大サークルが6270枚達成

 
ギネス記録の認定を喜ぶ学生たち

 郡山女子大のサークル「メープルレディース」の学生らが作ったコイの折り紙6270枚が「折り紙で作った魚の最多展示数」としてギネス世界記録に認定され、郡山市の同大で9日、セレモニーが行われた。ギネス公式の認定証を受けた部長の吉田真奈美さん(19)=食物栄養学科2年=は「皆さんの協力のおかげで達成できた。郡山の名産コイのPRにもつながったと思う」と晴れやかに語った。

 市町村別で生産量日本一を誇る郡山市のコイをPRしようと、部員が中心となって1月から挑戦を始めた。5月のこどもまつりの会場で来場者に協力してもらうなど、市民も巻き込んで作品を完成させた。これまでの記録である広島県尾道市の5074枚を大きく更新した。製作したコイの折り紙は縦2.7メートル、横17.6メートルの「折り紙アート」として同大の玄関口に展示する予定。

 セレモニーでは、日本折り紙協会県支部の望月泉さんがギネス記録に認定されたことを報告し、同大の水野時子学生生活部長が吉田さんに認定証を手渡した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」9選挙区で無投票当選決まる 全定数割合25.9%