「ラグビーW杯」12日・2試合中止決まる 台風19号接近の影響

 

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会と国際統括団体ワールドラグビー(WR)は10日、東京都内で記者会見を開き、大型で猛烈な台風19号が接近する影響で、12日に予定されていたイングランド―フランス(横浜・日産スタジアム)、ニュージーランド―イタリア(愛知・豊田スタジアム)の1次リーグ2試合を中止にすると発表した。

 1次リーグA組の最終戦、日本―スコットランド(日産スタジアム)など13日に予定されている4試合については当日朝に結論を出すとし、組織委の嶋津昭事務総長は「台風通過後に安全性を十分に調査した上で判断したい」と述べた。

 日本と同じA組で12日のアイルランド―サモア(福岡・レベルファイブスタジアム)と、D組で11日のオーストラリア―ジョージア(静岡スタジアム)は予定通りに実施する。

 W杯での試合中止は大会史上初めて。規定では試合が中止になった場合は引き分け扱いとなる。中止になった試合のチケットは全額返金する。

 C組のイングランドとフランスはともに準々決勝進出を決めており、イングランドが1位、フランスが2位通過する。B組はニュージーランドが8強入りし、イタリアは敗退となる。

 台風19号は12~13日に勢力を維持したまま西日本から東日本へ接近、上陸する恐れがある。