新種の「深海魚」発見!まるで幽霊の手 アクアマリンふくしま

 
アクアマリンふくしまが新種と発表した「ユウレイコンニャクウオ」

 いわき市のアクアマリンふくしまは10日、北海道羅臼沖で行った調査で新種のコンニャクウオ属の深海魚を発見したと発表した。糸状に伸びた胸びれが、手を伸ばした幽霊をイメージさせるため、「ユウレイコンニャクウオ」と名付けた。

 同館は2017(平成29)年9月と19年4月に、水深500~1080メートルで行った刺し網漁やエビ籠漁で捕まえた体長17.8~22.4センチほどの4個体を発見。その後、京都大の甲斐嘉晃博士と調査し、日本魚類学会の英文誌に新種として公表した。

 ユウレイコンニャクウオは、餌のにおいがすると5センチほどの胸びれを使って、ゆったりとした泳ぎで餌を探す。コンニャクウオの仲間は約150種類いるが、細長い胸びれを持つ種類はほとんどいないという。

 同館は今後、生態の解明や、生きた個体の展示を目指していくという。