「台風19号」福島県に13日未明最接近 雷を伴う猛烈な雨の恐れ

 

 大型で非常に強い台風19号は東海沖を北上し、12日の夕方から夜にかけて東海か関東に上陸する見通しだ。東日本の暴風や大雨は記録的なレベルに達すると予測される。

 福島地方気象台によると、本県には13日未明から明け方にかけて最接近する見込み。最接近前の12日から13日にかけて大雨や暴風、猛烈なしけとなる見込みで、同気象台は早めの防災対応を呼び掛けている。

 12日昼前から1時間に30ミリの激しい雨となる見込み。12日夜から13日にかけては雷を伴って1時間に60ミリの非常に激しい雨になり、局地的には80ミリを超える猛烈な雨が降る恐れがある。

 12日午後6時までの24時間雨量は多い所で、中通りと浜通りで150ミリ、会津で120ミリ。その後雨量は増え、13日午後6時までの24時間雨量は多い所で中通りと浜通りで200~300ミリ、会津で100~200ミリに上る見込み。

 12日昼すぎから13日にかけて、東よりのち西よりの暴風となり、海上は猛烈にしける見込み。12日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は浜通りの海上で30メートル(45メートル)、中通りと浜通りの陸上で23メートル(35メートル)、会津20メートル(35メートル)、12日にかけて予想される波の高さは10メートル。

 同気象台は、風雨の強い時は農業施設や用水路などの見回りで外に出ないことや、増水している河川に近づかないことを呼び掛けている。小名浜港の満潮時間(13日午前3時28分)が台風最接近の時間帯と重なることにも注意を呼び掛けている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席