福島県内の鉄道...12日「計画運休」 台風19号接近でJRなど

 

 JRをはじめとする県内の鉄道は12日、多くの列車の運転を取りやめる。このうちJR東日本は、東北、秋田、山形新幹線で午前11時以降に本数を減らし、その後順次、運転を取りやめる。上り69本、下り76本が運休する。

 東北線や磐越西線などJR仙台支社管内の在来線は午後3時ごろから運転を取りやめる。天候次第では早まる可能性もあるという。常磐線は特急列車が始発から全て運休。常磐線普通列車や水郡線は一部区間で午後1時ごろから運転を取りやめる。また13日については、JRは終日運休する可能性があるとしている。阿武隈急行は終日運休を決めている。

 東日本高速道路によると、県内の高速道は常磐道を中心に、通行止めとなる可能性があり、最新の交通情報は日本道路交通情報センターのWEBサイトなどで確認できるという。県内を発着する高速バスの運休も相次いでいる。

 福島空港・大阪線4便欠航

 福島空港大阪線は12日、台風19号の影響で4便欠航する。計189人が搭乗予定だった。

 午前11時5分伊丹発福島行きアイベックス79便・全日空3179便▽午後0時40分福島発伊丹行きアイベックス80便・全日空3180便▽午後3時45分伊丹発福島行きアイベックス81便・全日空3181便▽午後5時20分福島発伊丹行きアイベックス82便・全日空3182便