「台風19号」福島県内スポーツにも影響 高校サッカー順延など

 

 台風19号接近の影響で、12日に県内で予定されていたスポーツの大会や本県関係プロスポーツの試合でも中止や延期が相次いでいる。

 プロバスケットボール男子、Bリーグ2部(B2)の福島ファイヤーボンズを運営する福島スポーツエンタテインメントは11日、田村市総合体育館で12日に予定していた東京エクセレンスとのホーム戦中止を発表。代替試合は来年1月8日に郡山市の宝来屋郡山総合体育館で行う。13日の第2戦については午後1時30分から予定通り開催するとしている。

 また、12日に開幕を予定していた全国高校サッカー選手権県大会2次大会も3回戦全ての試合が13日に順延となった。4回戦は14日に行う。県高校新人大会のソフトボールや弓道、アーチェリー、自転車の各競技も中止や延期となった。

 12日にアウェーのヤンマースタジアム長居で行われる予定だったサッカーJ3福島ユナイテッドFC―セレッソ大阪U23戦もすでに13日への順延が決定。秋季東北地区高校野球大会も12、13日の試合が14日以降に順延となっている。