「台風19号」接近でイベント中止が相次ぐ コスキンは一部中止

 

 台風19号の接近を踏まえ、県内で週末に予定されていたイベントも参加者の安全を考慮して中止が相次いでいる。

 このうち川俣町で12~14日に予定されていた日本最大級の中南米音楽祭「コスキン・エン・ハポン」は14日のみ開催。二本松市で開催中の「二本松の菊人形」は12日の開催を中止する。

 また、福島民友新聞創刊125周年記念事業として郡山市のショッピングモールフェスタ大テントで開催中の「ポップサーカス郡山公演」は12、13の両日、休演する。休演となった公演のチケット(指定席券・ボックス券)の払い戻しや公演の最新情報についての問い合わせは事務局(電話024・983・5190、午前9時~午後5時)へ。ポップサーカス公式ホームページでも確認できる。

 減塩サミットは延期

 台風19号の接近を受け、福島医大と福島民友新聞社が12日に福島市のエスパル福島で開催予定だった「減塩サミット2019in福島」は延期となる。開催日は未定。

 開催が19日に延期となった「新鶴ワイン祭り」では、14日までキャンセルを受け付け、16~20日にチケットの払い戻しに応じる。

 12、13の両日開催予定だった古殿町の古殿八幡神社例大祭は、台風19号の接近を受け、13日の神事「笠懸(かさがけ)・流鏑馬(やぶさめ)」以外、全ての日程の中止が決まった。町が11日、発表した。12日の宵祭は流鏑馬大会やウルトラマンのショーなどが予定されていたが、全て中止。13日も午後1時30分、同3時からの「笠懸・流鏑馬」のみ実施することになった。