内堀知事、福島県産食品アピール ベルギーでEU関係者に講演

 
EU関係者などに本県の現状を伝える内堀知事=11日、ブリュッセル

 県は11日、ベルギーのブリュッセルで欧州連合(EU)の関係者や食品の輸出業者向けに講演会、レセプションを開いた。内堀雅雄知事が検査体制に基づく県産食品の安全性や観光の魅力をPRし、本県の現状を発信した。

 内堀知事は、日本の食品の放射性物質の基準が欧州の10倍以上厳しく、コメは4年連続で基準超えがないことなどを説明。県産農産物や牛肉は風評が根強く残る一方、トップセールスなどが奏功して海外への輸出量は年々増加し、過去最高を更新している状況を伝えた。

 レセプションでは、郡山市出身のシェフで、英国で日本食レストランを営む丸山泰治さんが県産食材を使ったメニューを提供。県産日本酒と合わせて豊かな郷土の味をアピールした。会津若松市出身の民謡アイドル永峯恵さんが会津磐梯山などを披露した。

 オランダ県人会長の石川武司さん(伊達市霊山町出身)も出席した。

 知事、14日帰国予定

 台風19号の影響で訪問先の欧州に足止めされている内堀雅雄知事は13日午後ベルギー発、14日午後日本着の便で帰国を予定している。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席