台風に負けず!県都の夜彩る連山車 福島稲荷神社・秋の例大祭

 
ちょうちんをともして商店街を練り歩く連山車

 福島稲荷神社の秋の例大祭の見どころとなる「連山車」は13日、福島市で繰り広げられた。ちょうちんをともした山車約20台が福島駅前の中心市街地を練り歩き、にぎやかに県都の夜を彩った。

 福島駅前通りに町会ごとに山車が集結し、威勢の良い掛け声と軽快なおはやしを響かせた。台風の影響もあったが、当日に開催を判断。歩行者天国となった会場は多くの見物客でにぎわい、祭りを楽しんだ。

 例大祭最終日の14日は勇壮なみこし担ぎの「二之宮神輿(みこし)渡御」などが行われた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席