激しく激突!針道のあばれ山車 迫力満点『暴れっぷり』に歓声

 
迫力ある山車が競演、見物客を湧かせた「針道のあばれ山車」

 400年余りの伝統を誇る二本松市東和地域の「針道のあばれ山車」は13日、二本松市針道の大通りで繰り広げられ、針道若連連合会の山車7台が前後しながら各所で激突、山車がきしむほどの迫力で見物客を沸かせた。

 大型人形を含む山車の高さは5メートル近くあり、総重量は約1トン。今回は歌舞伎の演目を題材に取ったあでやかな人形が通りを彩った。

 各若連が山車を勢いよく激突させる"暴れっぷり"に見物客が大きな歓声を送った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席