「会津に新しい縁つくる」 島口さんに会津若松観光大使を委嘱

 
室井市長から委嘱状を受けた島口さん(右)

 会津若松市は15日、世界各国で活躍するサムライアーティスト「剱伎衆(けんぎしゅう)かむゐ」の代表の島口哲朗さん(49)を市観光大使に委嘱した。

 市役所で委嘱状交付式が行われ、室井照平市長が委嘱状、池田哲哉会津若松観光ビューロー専務理事が名刺を島口さんに手渡した。島口さんは32人目の大使。

 島口さんは埼玉県出身。日大芸術学部在学中に学んだ殺陣や、歌舞伎などの舞台での経験を生かし、剱伎衆かむゐを結成。戊辰150周年記念番組「AIZU―目覚めよ義の心」や「DIAMOND ROUTE JAPAN」などに出演したほか、会津さくらまつりにも出演。海外でも活躍しており、国内外での会津のPRが期待されることから、任命された。

 島口さんは「会津の出身ではないが、大使に任命された縁に感謝している。目に見えない義の思いや文化を感じ、自分が会津に新しい縁をつくれるよう尽力したい」と意気込みを語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席