福島県管理「道路」通行止め78カ所 台風19号被害、25カ所減

 

 台風19号による県管理道路の通行止めは16日午前11時現在、78カ所となっており、15日時点より25カ所減少した。このうち原町川俣線の飯舘村赤坂―南相馬市大原間は15日午後9時に開通(一部片側交互通行)。白河市西小丸山の国道294号は16日午後0時30分に開通となった。

 県内「公共土木施設」被害額268億2050万円

 県は、県内の公共土木施設の被害状況(15日午後5時現在)を発表した。県と市町村の道路、橋、河川、海岸、砂防、下水などの被害箇所は計650カ所で、被害額は268億2050万円となっている。ただ調査は一部にとどまり、今後も増えるとみられる。

 内訳は、県の被害額が253億370万円(590カ所)、市町村の被害額は15億1680万円(60カ所、39市町村)となっている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席