福島交通、一部路線で運行「再開」 バスが浸水し70路線が運休

 

 台風19号の影響でバスが浸水し、郡山市内の約70路線が運休となった福島交通は17日から、一部路線で運行を再開する。

 再開するのは市役所経由大槻、南東北病院経由フェスタなど約20路線。同社ホームページで確認できる。

 郡山支社で保有するバス約130台のうち約90台が浸水被害に遭い、点検作業をしていた。

 「車検有効期間」延長へ 東北運輸局、県内は50市町村対象

 東北運輸局は16日、台風19号の被害に伴い、本県などの自動車検査証の有効期間の満了日が今月15~28日の車両について、有効期間を29日まで延ばすと発表した。県内は50市町村が対象。今後地域の状況に応じ、有効期間の再伸長なども検討するという。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席