東北電力「特別措置」...支払い延長や免除 台風19号被害者対象

 

 東北電力は、北塩原村を除く県内58市町村の台風19号の被害を受けた電気契約者を対象に、電気料金の支払期日の延長や、不使用月の電気料金、臨時工事費の免除などを行う。

 支払期日の延長は支払期日が12日以降の9月分、10、11月分。それぞれ1カ月間延長する。被災時から全く電気を使っていない場合、被災月の翌月分から最大6カ月間の電気料金を免除する。問い合わせはお客さまセンター(フリーダイヤル0120・175・466)へ。福島支店、会津若松支社、郡山、白河、いわきの各営業所に窓口を設けている。

 また、特別措置の対象地域に電気を供給している新電力事業者にも、接続送電サービス料金の算定日延長や、工事費負担金の免除などを行う。問い合わせはネットワークサービスセンター(電話0570・783501)へ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席