「駒止湿原」への道路寸断 台風19号被害、4年ぶり山開き直後

 
台風の影響により路面が崩壊した駒止湿原までつなぐ町道

 台風19号の影響により、南会津町と昭和村にまたがる国指定天然記念物「駒止湿原」へのアクセス道路の一部が崩れ、寸断された。

 2015(平成27)年の豪雨災害から4年ぶりに全面復旧され、今月6日に山開きが行われたばかりだった。

 町や駒止湿原案内の会によると、路肩や道路舗装が数カ所にわたって崩落。南会津町側の針生地区と南郷地区から入る二つのルートが通行止めとなっている。復旧のめどは立っていないという。

 同会の君島満三会長は「入山できなくなり残念。復旧を目指し関係者と頑張っていくしかない」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席