「特別自動車警ら部隊」が福島県入り 3県警から派遣、巡回活動

 
被災地域へ向かう特別自動車警ら部隊=17日午前、福島市・県警本部

 台風19号の影響で福島県で甚大な被害が出ていることを受け、岩手、山形、新潟各県警から特別派遣された特別自動車警ら部隊が本県入りし、17日から活動を始めた。被災地域の犯罪抑止や安全を守るため、警戒活動を行う。

 本県入りしたのは3県警から派遣された計24人。17~25日までの間、福島県警の災害対策課警備隊員と共に県北、県中・県南、いわきの各ブロックをパトカー2台で24時間巡回し、警戒に当たる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席