災害廃棄物仮置き場で出火、家電など焼く 本宮・けが人なし

 
家電などを焼いた災害廃棄物の仮置き場=17日午前9時15分ごろ、本宮市

 17日午前8時45分ごろ、本宮市高木字黒作の災害廃棄物仮置き場となっている本宮運動公園内「みんなの原っぱ」から出火、家電など約4平方メートルを焼いた。けが人はいなかった。

 仮置き場の作業員によると、仮置き場には灯油が入ったままのストーブやガスが抜かれていないスプレー缶なども廃棄されているという。また、使用していない消火器が重機で爆発することもあったという。

 同市災害対策本部は「燃料や電池など引火の可能性があるものは取り除き仮置き場で廃棄してほしい」としている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席