大雨の恐れ...福島県内『警戒』 最大限注意!各地で避難所開設

 

 東日本と東北は19日にかけて非常に激しい雨が降る地域がありそうだ。県内でも朝を中心に多い地域で1時間に30ミリの激しい雨が降る見込み。気象庁は18日、台風19号による大雨で河川氾濫・堤防決壊が起きた地域や地盤が緩んだ地域は洪水や土砂災害の危険が高まるとして警戒を呼び掛けた。

 福島地方気象台によると、県内では浜通り、中通りでは朝から昼すぎまで警報級、夜遅くまで注意報級の大雨・洪水が予想される。南相馬市では18日夕、19日未明に大雨警報が発表される可能性が高いとして、市は土砂災害のあった市内の一部に避難指示を出した。

 19日正午までの24時間に予想される雨量は多い地域で浜通り120ミリ、中通り90ミリ、会津70ミリ。また、海上を中心に南東のち南の風が強まり波が高まる見通し。19日にかけて浜通りの海上で最大風速15メートル(最大瞬間風速25メートル)、波の高さ3メートルが予想されている。

 避難所「家にいるより安全」

 19日にかけて県内でも大雨が予想されていることを受け、台風19号で浸水などの被害を受けた被災地では警戒が強まっている。18日午後には南相馬市の一部に避難指示が出たほか、いわき市も堤防が決壊した河川の周辺に避難勧告を出した。新たな避難所の開設なども相次いだ。

 河川が氾濫した夏井川、新川、好間川、鮫川の周辺地域に避難勧告を発令したいわき市。台風襲来から間もない中で再び出された避難勧告に、市民は一様に疲労感をにじませた。同市では台風の影響により夏井川、好間川、新川で堤防の決壊や氾濫が起こった。決壊箇所は県が仮復旧作業を進めているが、夏井川の5カ所のうち、18日現在で完了しているのは2カ所のみ。浸水被害を受けた住民らは「また水が来るのでは」との不安から、避難所で一夜を明かす。

 避難所の一つとなっている好間中では午後5時現在の避難者が7世帯だったが、時間が経過するにつれ、市民が続々と訪れた。同市好間町北好間に住む70歳の夫婦は、台風19号前の12日と同様に同校を訪れた。避難所で過ごしている間に、自宅の1階は床上浸水するなど被害が出た。生活再建に向けた復旧作業のさなかの2度目の避難。「家にいるより安全だと思い、すぐに避難を選んだ。命が一番大切だが、疲れてしまった」と疲れた表情を見せた。

 平四小の校舎に1人で避難した60代女性は、台風の大雨で2階建ての1階が床上浸水した。「1人暮らしで、自宅が被災してしまった。早いことに越したことはないと思って避難した」と早々と自宅を出た理由を口にした。

 雨に向けた準備も進み、復旧作業が行われている同市の平浄水場では、浸水を防止するための土のうなどが用意された。

 宇多川などが氾濫した相馬市は18日、警報や河川の増水状況を見て深夜を問わず避難指示を発令する方針を確認。スポーツアリーナそうまを自主避難所として設置、午後6時現在で同所や福祉施設に自主避難者と交通手段がない障害者計8人が避難した。さらに避難指示発令時は市中心部に避難場所を設置したという。
 伊達市や白河市などでも自主避難者など向けの避難所が開設された。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席