小池東京都知事「深く反省」 救助中にヘリから女性落下・死亡

 
亡くなった女性の告別式に参列する小池知事=19日午前10時45分ごろ、いわき市

 東京消防庁のヘリコプターが台風19号の救助活動中にいわき市の女性(77)を落下させた死亡事故で、小池百合子都知事は19日、同市で行われた告別式に参列した。小池知事は式後、福島民友新聞社などの取材に「深く反省し、このようなことが二度と起こらないようにすると遺族に誓った」と改めて謝罪した。

 小池知事は「亡くなった女性に哀悼の意をささげ、遺族にお悔やみ申し上げた」と話したほか、「台風の爪痕があちこちに残っている」として、都として被災地の救助や復旧、復興を支援していく考えを示した。

 告別式には小池知事のほか、東京消防庁の安藤俊雄消防総監らも参列した。

 事故は13日に発生。東京消防庁の隊員が住宅の庭先から女性を救助する際に、救助装置のフックをロープに付けるのを忘れたままヘリコプターでつり上げ、高さ約40メートルから女性を落下させた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席