フィンランド人・アールトさん「機織り」体験 飯坂の伝統学ぶ

 
鈴木さんの指導で機織りを体験するアールトさん

 飯坂温泉観光協会の国際ボランティアとして活動するフィンランド人のメッテ・アールトさんは17日、福島市飯坂町の染織工房おりをりで機織りを体験した。

 福島の養蚕・真綿作りや絹織物の伝統と技術を知ってもらおうと同協会が企画。アールトさんは工房を主宰する鈴木美佐子さんの指導で、手織り機を使いつむぎ糸などで一輪挿しの敷物を作った。縦糸の間を左右にくぐらせる杼(ひ)に悪戦苦闘しながらも機織りを楽しんでいた。真綿の手紡ぎについても学んだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席