嵐・相葉さん、V6・井ノ原さんら炊き出し「一緒に頑張ろう」

 

 郡山市の日大工学部の敷地内に設けられた災害ボランティアセンターでは20日、ジャニーズ事務所の人気タレント5人が被災者に昼食の炊き出しをした。

 駆け付けたのは、アイドルグループ「V6」の井ノ原快彦さん、「嵐」の相葉雅紀さん、「NEWS」の増田貴久さん、「Hey!Say!JUMP」の山田涼介さん、「Sexy Zone」の中島健人さん。

 5人は正午から約3時間にわたり、住民らに「一緒に頑張りましょう」などと声を掛けながら、焼きしゃぶ丼とみそ汁を手渡した。また、住民らに握手をしたり、一緒に記念撮影に応じたりした。

 自宅が浸水被害に遭ったという同市田村町の女子大学生(19)は「握手をして、声を掛けてもらった。ずっと家の片付けをしていて大変だけど、力をもらい元気が出た」と話していた。

 相馬でJ3・秋田の選手が泥撤去

 被災地にはスポーツ選手たちの姿も。相馬市にはサッカーJ3のブラウブリッツ秋田(秋田県)の選手ら約30人が支援に入り、被災住宅の泥の撤去などに汗を流した。

 前日の19日にJヴィレッジスタジアムで福島ユナイテッドFCと対戦したばかりだが、秋田に戻る前に被災地で支援を行いたいと申し出た。この日は宇多川の氾濫で床上浸水の被害を受けた同市北飯渕の80代の高齢女性宅で、床下や敷地内に積もった泥を袋に詰め撤去を進めた。

 女性宅は親族を中心に作業を行ってきたが、高齢者が多く、撤去が思うように進んでいなかった。活動に参加した前山恭平選手(31)は「誰かがやらなければ終わらない。体力には自信がある」と胸をたたいた。

 梁川では福島U選手

 伊達市梁川町では福島ユナイテッドFCの選手らもボランティアに参加。DFの石堂圭太選手(27)は「改めて災害の恐ろしさに鳥肌が立った。自分たちができる片付けを全力でやりたい」と話していた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席