阿武隈川に「冬の使者」 台風被害の福島でハクチョウ飛来確認

 
台風被害を受けた阿武隈川に飛来したハクチョウ=21日午後、福島市・あぶくま親水公園付近

 台風19号で被害を受けた福島市岡部のあぶくま親水公園付近の阿武隈川に21日、今季初めてハクチョウの飛来が確認された。

 福島市小鳥の森のレンジャー細井俊宏さんによると、午前7時30分ごろ4羽のコハクチョウが北から飛来、2羽が着水した。その後、オオハクチョウも確認された。

 細井さんは、阿武隈川で越冬する水鳥の飛来地では、台風の影響で地形が変わり、流れが速くなるなどの心配があるが、落ち着けば例年通り増えていくだろうと話している。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席