ボランティア送迎「貸し切りバス」運行 被災3市へ26、27日

 

 県社会福祉協議会は26、27の両日、台風で被災した郡山、本宮、いわきの3市へボランティアを送迎する貸し切りバスを運行する。バスを利用するボランティア参加者を募集している。

 運行は、JR会津若松駅発着の郡山市行きと本宮市行き、JR新白河駅発着のいわき市行きの3ルート。各コースとも定員は40人。

 郡山、本宮両市での活動は会津若松駅を午前8時30分に出発し、同10時から午後3時30分まで家屋内外の片付けや泥の撤去作業を行う。会津若松駅には午後6時に戻る予定。

 いわき市での活動は新白河駅を午前8時に出発し、同10時から午後3時まで活動する。新白河駅には午後6時に戻る予定。参加費は1000円(昼食代含む)。

 申し込みは名鉄観光サービス福島支店(電話024・521・1341)、問い合わせは同協議会(電話024・523・1251)へ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席