いわき市が24日から「カーシェア」開始 生活再建へ週2回無料

 

 いわき市は24日、台風19号の影響で車両が浸水被害を受けた市民を対象に、生活再建に向けたカーシェアリングを開始する。

 1世帯当たり1週間に2回まで無料で利用できる。時間は午前9時~午後4時。1日当たり3時間以内で、移動範囲は市内に限定される。

 24日からは平窪地区を拠点に実施。23日から平四小内に設置されている現地対策事務所(電話080・9253・7073)で受け付ける。

 26日からは赤井地区でも始まり、25日から赤井公民館内の現地対策事務所(電話080・6875・8414)で受け付ける。車両は平窪地区で3台、赤井地区では2台を用意する。

 同市と連携し、カーシェアリング官民共創実証事業に取り組んでいるタイムズ24とパーク24グループが車両の貸与を申し出た。

 問い合わせは市創生推進課(電話0246・22・7025)へ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席