県内343事業場で違反 長時間労働など、福島労働局が是正勧告書

 

 福島労働局は24日、長時間労働が疑われる586事業場を対象に昨年度行った監督指導の結果、343事業場で労働基準関係法令違反があったと発表した。違反率は58.5%で、労働局は是正勧告書を交付した。

 違反内容を見ると、違法な時間外労働が31.3%に当たる182事業場に上った。時間外・休日労働の実績が最も長い労働者の時間数が月80時間を超えたのが99事業場で、うち60事業場が月100時間、10事業場が月150時間、1事業場が月200時間を超えた。

 ほかに賃金不払いの残業が33事業場で、過重労働による健康障害の防止措置が未実施だったのが51事業場で確認された。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席