医療創生大が初の「銀賞」 全日本吹奏楽コンクール・大学の部

 
銀賞を受賞した医療創生大

 第67回全日本吹奏楽コンクール(全日本吹奏楽連盟などの主催)は26日、青森市で大学の部が行われ、東北代表として2年ぶりに出場した医療創生大(いわき市)が初の銀賞を受賞した。

 大学の部には、全国の13大学が出場した。3度目の出場となった医療創生大は、課題曲の「行進曲『春』」(福島弘和作曲)、自由曲の「復興」(保科洋作曲)を演奏した。

 成田澪部長(3年)は「初めて銀賞を受賞できてうれしい。復興への願いを音に乗せて演奏できた」と喜んだ。台風19号の被害を乗り越えての銀賞。小椋幸二顧問は「台風のため、練習もまともにできなかった。その中で精いっぱい演奏をしてくれた」とたたえた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席