航空自衛隊が慰問コンサート いわきの病院で中部航空音楽隊

 
爽やかな音楽を奏でる隊員

 航空自衛隊中部航空音楽隊(静岡県)は31日、断水被害のあった福島県いわき市の舞子浜病院で慰問コンサートを開いた。

 航空自衛隊が舞子浜病院で給水活動に当たったのを機に開催。同隊員7人が演奏した。演歌「北国の春」など計12曲をクラリネットや金管楽器で奏で、患者ら約100人が聞き入った。

 同隊が県内で慰問コンサートを開いたのは東日本大震災以来。同音楽隊の大橋宣正さんは「航空自衛隊らしい空の青さを連想する爽やかな演奏で、少しでもリラックスしてもらえれば」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席