「会津花火」初冬の夜空彩る1万発! 全国の花火師が元気発信

 
初冬の夜空を彩った会津花火=2日午後7時ごろ、会津若松市

 日本トップクラスの花火師が全国から集まった「第4回会津花火」は2日、会津若松市町北町藤室で開かれ、約1万発の花火が会津の夜空を色鮮やかに飾った。地元の経済団体などでつくる会津花火実行委の主催、福島民友新聞社などの協賛。

 復興をアピールし、元気を発信しようと、2016(平成28)年から開かれている。内閣総理大臣賞を受賞した花火師など32人が集結し、幅約400メートルのワイドミュージックスターマインや、家族への感謝が込められたメッセージ花火のほか、障害者も健常者も楽しめる「みんなの花火」など九つのプログラムが打ち上げられた。

 主催者発表によると、来場者は約7万2000人だった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席