飯豊山が「雪化粧」 日本百名山、会津に本格的な冬の到来

 
うっすらと雪化粧した飯豊山

 日本百名山の一つの飯豊山が7日、雪化粧し会津地方に本格的な冬の到来を告げた。

 飯豊山は福島県と山形、新潟両県にまたがる飯豊連峰の主峰。大日岳(だいにちだけ)や烏帽子(えぼし)岳など2千メートル級の山々を結ぶ長い稜線(りょうせん)を持ち、登山者にも人気が高い。

 この日、喜多方市内から見上げた尾根にはうっすらと雪がかかっていた。喜多方市山都総合支所によると、飯豊山の冠雪は例年より2週間ほど遅いとみられる。市内には雪囲いも増えており、市民の冬支度もこれから本格的に始まりそうだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席