アストラが優秀賞、自動皮むき機開発 ニッポン新事業創出大賞

 
優秀賞に輝いたアストラの一條社長

 日本ニュービジネス協議会連合会の第14回ニッポン新事業創出大賞で、アントレプレナー部門の優秀賞に果物・野菜の自動皮むき機の開発、製造を手掛けるアストラ(福島市、一條浩孝社長)が選ばれた。

 アントレプレナー部門は経営者の起業家精神や事業の新規性、革新性、実績を審査し選出される。アストラは、狭い調理室にも設置できる小型の果物皮むき機を国内外に販売。カットフルーツなどの加工食品が広がりを見せる中で、人件費の削減や労災の減少など現場が抱える問題を解決するツールとして認識されている。国内外の展示会でも高い評価を受けており、今後成長する高収益の中堅企業で優秀賞にふさわしいと判断された。

 香川県で10月24日、表彰式が行われ、一條社長が記念の盾を受けた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席