野馬追競馬、馬事公苑で開催へ 台風と大雨影響で場所変更

 

 台風19号と10月25日の大雨の影響で開催場所の変更が検討されていた17日の相馬野馬追振興秋季競馬大会について相馬野馬追執行委員会は、福島県南相馬市原町区の市馬事公苑で開く方針を決めた。

 8日、同執行委への取材で分かった。同執行委によると、市馬事公苑で競馬大会が開かれるのは2007(平成19)年の秋季競馬大会以来。

 当初の開催場所だった同市原町区の雲雀ケ原祭場地は、台風19号などの影響で競馬コースの砂が流出。復旧の見通しが立たないことから、同執行委が開催場所の変更を決めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席