音楽愛が集結!福島駅前に響く ストリートミュージックフェス

 
フィナーレで合唱する出演者

 本県ゆかりのアーティストが一堂に会するイベント「第4回福島ストリートミュージックフェスティバル」は9日、福島市のJR福島駅東口駅前広場で開かれ、買い物客らが音楽に聞き入った。

 エスパル福島、JR東日本福島駅、福島コミュニティ放送、ユーワンミュージック、@なおポップ、READBACK、BerryLu、福島民友新聞社などでつくる実行委員会の主催、福島商工会議所、福島駅前元気プロジェクト委員会の協力、エスパル福島の特別協賛。

 地域活性化を目的に2016(平成28)年から開催。当初は10月12日に開催予定だったが、台風19号の影響で延期となっていた。

 ステージでは「OUT OF FASHION」や「Chameleon」など県内外で活躍するバンドやシンガー・ソングライターが登場し、演奏を繰り広げた。フィナーレでは出演者が集合して合唱し、にぎやかにイベントを締めくくった。

 ハンドメードアクセサリーなどを販売する「手づくりマルシェ」や地元飲食店の飲食ブースも設けられ、大勢でにぎわった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席