鉄骨下敷き40歳男性死亡 いわきで車両横転、荷降ろし中崩れる

 

 11日午前11時35分ごろ、いわき市の資材置き場で鉄骨が崩れ落ち、同市、会社員、男性(40)が下敷きになった。男性は市内の病院に搬送されたが、約2時間後に死亡が確認された。いわき南署は労災事故として調べている。

 同署によると、1本1トン超の鉄骨をユニック車(クレーン付きトラック)の荷台から降ろす作業中に、車両が横転して鉄骨が崩れ落ちたとみられる。同署が原因を調べている。