入賞作品を決める 矢祭で審査会、手づくり絵本コンクール

 
一般の部優秀賞、矢内さんの「今日は何を着ようかな?」

 第11回矢祭もったいない図書館「手づくり絵本コンクール」は13日までに、審査会を開き、一般の部で矢内美裕さん(白河市)の「今日は何を着ようかな?」が、家族の部で掃部千鶴さん、夏央君親子(南会津町)の「ぼくのことば」が優秀賞を飾った。

 最優秀賞には武田光弘さん(長野県)の「さぶと片目のおおかみ」と伊藤和美さん(神奈川県)の「まってまって」が、柴茜さん、灯さん親子(長野県)の「みんなだいすき」がそれぞれ輝いた。

◇一般の部
▽最優秀賞=武田光弘(長野)伊藤和美(神奈川)▽優秀賞=矢内美裕(白河)
▽入選=田中千鶴見(三重)福池桂子(徳島)熊倉知己(愛知)

◇家族の部
▽最優秀賞=柴茜、灯(長野)
▽優秀賞=掃部千鶴、夏央(南会津)
▽佳作=高橋優子、咲希(茨城)
▽入選=広瀬留美、心音(岐阜)伊藤あずさ、優希(山形)佐原佑美、沙帆(同)

◇特別賞=高信佐栄、実瑶(矢祭)