トレビア~ン裏磐梯!自転車ツアー企画へ 仏旅行関係者ら視察

 
サイクリングを楽しむ参加者

 フランスとスペインの旅行関係者が県内を巡る視察ツアーで、フランスからの参加者は11日、北塩原村でサイクリングを楽しみ、裏磐梯の自然や景観など本県の魅力を満喫した。

 一行は15日まで、会津若松市や裏磐梯など県内外を巡り、本県をルートに組み入れた2020年の旅行商品を検討する。サイクリングで欧州から招請ツアーを行うのは県内初。

 本県など東北地方は、インバウンド(訪日外国人旅行者)の伸び率が全国に比べて低い。県は、東京都と本県を結ぶ広域観光ルート「ダイヤモンドルート」を周知して関東圏からの誘客を図っており、東南アジアの旅客を中心に効果が出始めている。

 ツアーでは、フランスのサイクリングツアー会社のダビッド・レンボワーズさん(39)やブロガーでもある女性サイクリストのカミーユ・ピックさん(35)らが桧原湖を自転車で1周するなどした。レンボワーズさんは「澄み切った美しい湖水と(紅葉した)木々のコントラストに感動した。さまざまなアウトドア体験ができるツアーを組んでみたい」と話した。