フラ女将・小山さん『声優』デビュー! 湯本温泉舞台のアニメ

 
着物姿で収録に臨む小山さん=東京・神保町のスタジオ

 いわき市のいわき湯本温泉を舞台にしたアニメ「フライングベイビーズ」の新シリーズ「フライングベイビーズ☆プチ」の来年1月放送開始(予定)に向けて、同温泉の「フラ女将」小山いずみさん(41)が声優に初挑戦した。東京・神保町のスタジオで収録に臨んだ小山さんは「プロの声優と一緒に仕事ができて、とても貴重な体験ができた」と笑顔を見せた。

 小山さんは「フラ女将」として劇中に登場し、メンバーにフラのステップのこつを教える役柄だ。「ポイントは足の裏の筋肉。大地をしっかりつかんで押し上げると、腰も大きくフリフリできるわよ」。収録では「もっと明るく話して」などと助言を受け、3~4回せりふを吹き込んだ。

 多くの観光客に湯本温泉を訪れてもらおうと、誘客活動に奔走してきた小山さん。アニメにも活動の輪が広がり「地元の見慣れた風景がアニメで描かれるのは不思議な感じがする。いろいろな分野の皆さんと一緒にコラボレーションできるのは楽しい」と語った。

 新シリーズ「踊りたくなる内容」

 新シリーズは、小さいキャラ(プチキャラ)になったおなじみのメンバーが、明るくフラに取り組むストーリー。1話約1分30秒で、毎回フラの動きのポイントなどを紹介するシーンが盛り込まれる。地上波各局で放送予定。監督の浅尾芳宣福島ガイナ社長は「小さい子どもから親まで踊りたくなるような内容」と話す。