「コイ料理」食べて!水泳代表選手ら味わう 五輪向け縁起良い

 
コイなどを使った料理の試食会=郡山市

 岩瀬農高と郡山市は19日、2020年東京五輪出場を目指して同市で事前合宿中のハンガリー、イスラエルの水泳代表候補選手ら向けに、コイなどを使った料理の試食会を開き、選手らが料理を堪能した。

 各国・地域の選手らに日本の食材などを発信する「GAP(ギャップ)食材を使ったおもてなしコンテスト」にエントリーするため、同校生徒が考案した6品を提供。コイのソーセージを入れた「ハンガリーロール」や国際認証「グローバルGAP」を取得した同校のコメ、リンゴなどを使った料理が並んだ。

 同市の郡山しんきん開成山プールでの試食会には、選手やコーチら12人が参加。東京五輪に向けて勢いをつけようと、縁起が良いとされるコイ料理などを味わった。