「殺すぞと言って逃げた」 郡山の民家で事後強盗事件...男逃走

 

 22日午後0時40分ごろ、郡山市の50代男性から「自宅に男がいて、殺すぞと言って逃げた」と110番通報があった。郡山署は事後強盗事件とみて、逃げた男の行方を追っている。住人の男性にけがはなく、盗まれたものもなかった。

 同署などによると、男性は1人暮らしで、買い物から帰宅したところ、男と遭遇。もみ合った後、男は逃げたという。部屋には、物色した形跡があったという。男は170センチくらいで50~60代とみられ、服装は黒色の長袖シャツと紺色のズボンをはき、バールのような物を持っていたという。

 現場周辺では今年、空き巣被害が複数件発生しており、同署が関連を調べている。現場はJR郡山駅から東に約1キロ。

 事件を受け、現場付近にある芳賀小と郡山四中は集団下校を行った。同署は各学校に警察官を配置し、生徒らの下校を見守った。近くに住む50代女性は「なぜあそこが狙われたのかと思うと不安。早く逮捕してほしい」と不安げな表情を見せた。