「車上荒らし」県北地方29件 組織的窃盗か?110番通報相次ぐ

 

 福島、桑折、国見の3市町で11月29日夜から30日未明にかけ、駐車中の車の窓ガラスが割られ、車内のバッグなどが盗まれる車上荒らしが計29件発生したことが30日、福島署と福島北署などへの取材で分かった。手口が似ており、広域であることから、両署などは複数人による組織的な連続窃盗事件とみて調べている。

 両署などによると、29日夜から30日朝にかけ、被害者から「車の窓ガラスが割られて、バッグがない」などと110番通報が相次いだ。確認された被害は30日午後5時現在で、福島市で21件、桑折町で5件、国見町で3件に上る。

 このうち福島市内では、JR福島駅前周辺のコインパーキングや店舗駐車場、同市上鳥渡のアパート駐車場などに駐車していた車が被害に遭ったという。運転席や助手席の窓が割られていた車が多かったという。

 県警「貴重品置かないで」

 県警は「車に貴重品を置かないでほしい。もし、車内に物を置いて離れなければいけない場合は、外から見えづらい部分に置いてほしい」と注意を呼び掛けている。