「ラトヴィーナス」5人決まる! いわき・ラトブ一致団結PR

 
ラトヴィーナスに選ばれた(左から)斉藤さん、春花さん、佐藤さん、のりかさん

 いわき市のJRいわき駅前再開発ビル「LATOV(ラトブ)」のPRモデル「LATOVenus(ラトヴィーナス)」の最終審査発表会が1日、同施設で行われ、同市出身の5人が選ばれた。

 選ばれたのは、いずれも同市出身の春花さん、佐藤実優さん、木村紗由香さん、斉藤さらさん、のりかさん(年齢非公表、名前は活動名)。選ばれたのりかさんは涙ぐみながら「5人で一致団結し、ラトブを好きになってもらえるよう活動したい」と意気込んだ。今後、ラトヴィーナスは初売りの折り込みチラシなどに登場する予定。

 同市ゆかりの女性からPRモデルを選出し、女性目線でラトブや同市の魅力を発信しようと企画された。市内外から29人の応募があり、会員制交流サイト(SNS)やホームページのウェブ投票などによる選考を経て、ファイナリスト13人が最終審査に進んだ。

 発表会には9人が出席した。多くの買い物客の注目を集める中、審査結果が公表された。

 出席した4人にラトブの鈴木雄大社長が認定証と商品券を手渡した。