遮断機のない踏切で軽トラと列車「衝突」 水郡線、2人がけが

 

 2日午前9時35分ごろ、塙町のJR水郡線第六渋井踏切で、常陸大子発郡山行きの下り列車と同町居住の会社員男性(58)の運転する軽トラックが衝突した。男性は頭などを打ち軽傷。列車に乗車していた男性1人も腰を痛める軽傷を負った。

 棚倉署によると、事故当時、列車には10人が乗車していた。同踏切には遮断機などは設置されておらず、踏切を渡ろうとしていた軽トラックの後部と列車が衝突したとみられる。

 事故の影響で水郡線は上下2本で最大約68分が遅れ、約30人に影響した。