お土産に「安積野ろまん」 老舗の銘菓詰め合わせ、郡山駅で販売

 
土産品「安積野ろまん」

 イベントや新商品の企画などを手掛ける郡山シティコミュニティーは、郡山市にある老舗の銘菓を詰め合わせた土産品「安積野ろまん」を発売した。

 まめやの「磐梯豆」、みよし堂の「ゆべし」、安積野菓子処平田屋の「一本の水路」と「ひと味」の各お菓子計10個を一つのパッケージに詰めた。

 日本遺産「未来を築いた一本の水路」と同市の観光などを紹介するストーリーブック付き。パッケージは季節によって変えており、現在販売中の冬バージョンには同市のご当地アイドル「せせらぎ小町」のりづきさんをモデルにしたキャラクターが描かれている。
 
 2300円で、JR郡山駅2階の売店「あさか野」で販売している。同社の成山茂志社長は「商品を通して多くの人に郡山の魅力を伝えたい」と話している。

 問い合わせは同社(電話024・953・4211)へ。