女優・佐藤誠純さん「一日室長」 110番の正しい利用呼び掛け

 
110番の受理や警察署への指令を体験する佐藤さん

 「110番の日」の10日、福島県内各署で110番の適正利用を呼び掛ける広報活動が行われた。県警本部では相馬市出身の女優佐藤誠純(ますみ)さん(24)が「一日通信指令室長」を務め、110番の重要性や正しい利用を訴えた。

 テレビドラマや映画などで活躍する佐藤さんは、警察官の制服に身を包み、通信指令室で交通事故を目撃した外国人男性の110番受理を模擬体験。佐藤さんは聞き取りした情報を基に警察署に指令を出した。

 JR福島駅前では、市民に110番の役割や適切な利用を訴えるチラシなどを配布した。

 佐藤さんは「緊急時には110番、緊急性がないときは警察相談ダイヤル(9110)の利用のご協力をお願いします」と呼び掛けた。

 県警は、緊急を要しない要望などは警察相談専用電話「#9110」や最寄りの警察署窓口、免許返納などの相談は昨年11月から運用を開始した安全運転相談ダイヤル「#8080」の利用を呼び掛けている。