「eスポーツスタジアム郡山」オープン 腕前競う交流拠点誕生

 
会場でeスポーツを楽しむ来場者

 コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ」の交流拠点「eスポーツスタジアム郡山」が12日、郡山市清水台にオープンした。同日、オープニングイベントが行われ、プロプレーヤーのトークショーなどが繰り広げられた。

 約70人が来場。運営する福島県eスポーツ推進協議会の中河西(なこうさい)宏樹会長が「eスポーツは世代関係なく楽しめることが魅力。コミュニティーを活性化させ、県全体で盛り上げていきたい」とあいさつした。続いてプロeスポーツプレーヤーsako(さこ)さんと妻でマネジャーのakiki(あきき)さんが登場し、トークショーや参加者との対戦会を繰り広げた。

 トークショーでは、sakoさんがプロとしての生活を紹介。「一日のほとんど、少なくとも8時間以上をゲームに費やしている」と明かし、会社員との兼業から4年かけてプロに移行した経緯などを紹介した。