大使の児童に「赤べこ」などプレゼント 内堀知事と県庁で懇談

 
内堀知事と懇談した玉那覇さん(左)と大城君(右)

 福島県との交流促進を目的に来県している沖縄県・さとうきび親善大使の児童2人は14日、県庁で内堀雅雄知事と懇談した。

 大使は坂田小6年の玉那覇心愛さんと大城孝太郎君。内堀知事は2人を歓迎した上で、例年になく雪が少ない状況に触れ「ちょっと残念な部分があるけど、逆に言うと寒くないので過ごしやすいと思う」と苦笑い。玉那覇さん、大城君は共に雪遊びを楽しみにしている様子で、15日に猪苗代町で開かれる交流会に期待した。沖縄県の山城貴子文化スポーツ統括監らが同行した。

 大使の2人は内堀知事にサトウキビと黒糖のお菓子などを送った。内堀知事は東京五輪に合わせた特別版の「赤べこ」とモモのジュースをプレゼントした。