福島県は連覇ならず「14位」 都道府県男子駅伝、長野県が優勝

 
スタートする1区・渡辺亮太(7)=広島市・平和記念公園前

 第25回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会は19日、広島市の平和記念公園前を発着点に7区間、48キロで行われ、連覇を狙った本県は2時間19分42秒(速報タイム)で14位だった。

 本県は1区で41位と大きく出遅れると、前半区間は30~40位台に低迷。5区松山和希(学法石川高3年)が区間記録タイの走りで14人を抜いて順位を27位に上げると、最終区間の7区ではエース相沢晃(東洋大4年、学法石川高卒)が意地を見せ、12人抜きとなる区間トップの走りで巻き返した。

 優勝は、6区で先頭に立った長野が逃げ切り、2時間17分11秒で3年ぶり8度目の頂点に立った。2位は兵庫、3位は埼玉だった。