「愛姫アニメ」第2話完成 三春で試写会、声優2人トークも

 
声優トークショーを楽しんだファンら

 三春出身で伊達政宗公の正室「愛姫(めごひめ)」をPRする「愛姫アニメ」第2話完成試写会は19日、三春町の三春交流館まほらで開かれた。

 アニメは町、アニメ会社のガイナ、福島ガイナが企画制作した。監督は福田己津央さん、監修は貞本義行さん。舞台は近未来の三春町で、現実と仮想が交差するゲーム内で戦国武将が国取り合戦をしている。

 第2話では、主人公の高校生「田村愛」のもとに、ゲーム開発者の娘が刺客として放たれる。

 試写会では、両社の浅尾芳宣社長が「第2話では三春の風景をたくさん入れている。ぜひ楽しんでほしい」とあいさつした。

 この後、作中で愛姫の声を担当する東山奈央さんと政宗役の下野紘さんの声優2人によるトークショーが開かれた。

 第2話は2月以降、動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信される予定。